ここから本文です

高校生が石垣観光紹介 東京で魅力アピールへ

7/15(土) 5:00配信

琉球新報

 【石垣】石垣市が観光人材の育成を目的に実施する高校生プロジェクト「Chura★I(ちゅらあい)」のプレゼンテーション大会の2次選考会が4日、市役所で行われ、1次選考を突破した7人が、独自の視点で考えた「私が石垣島のためにしたいこと」を発表した。上位3人は東京都での特別プログラムに参加し、石垣島の新たな魅力発信に挑戦する。
 上位3人には、八重山高3年の砂川友花さん(17)、同2年の島尻紗和さん(16)、八重山商工高2年の保里涼さん(16)。特別賞に八重山高3年の山口晴菜さん(18)が選ばれた。

 「Chura★I」プロジェクトは3月に石垣島の魅力を発信するフリーペーパーを発刊している。高校生によるプレゼンテーション大会は、プロジェクト第2弾の取り組みだ。参加生徒14人は4月から、発表に向けて研修を重ねてきた。

 大会で生徒たちは、各分野での人材不足解消策や自殺率改善に向けた解決策、島民と観光客が相互に学び楽しめる観光ツアーの提案など、それぞれ独自の視点で「私がしたいこと」を発表した。

 特別プログラムでは、産業能率大学(東京都)の学生と共に新たな島の魅力を発信する企画を考え、8月4~6日に渋谷ロフト店頭でプロモーション活動を行う。

 砂川さんは「店に来ている人だけでなく、自分たちも楽しめる企画を立てたい。スキルアップも含めて自分が変わるきっかけになると思うので、大学生との交流も楽しみたい」と抱負を語った。

琉球新報社

最終更新:7/15(土) 5:00
琉球新報