ここから本文です

【ROAD FC】下石康太が一本勝ちで初戦突破=100万ドル世界トーナメント

7/15(土) 22:03配信

イーファイト

ROAD Fighting Championship
『XIAOMI ROAD FC 040』
2017年7月15日(土・現地時間)韓国・ソウル チャンチュン体育館

【フォト】睨みを効かせる北岡悟の隣で、険しい表情を浮かべる下石

▼ライト級トーナメント1回戦 5分3R
○下石康太(BLOWS)
一本 2R 3分07秒 ※リアネイキッドチョーク
●パク・デソン(韓国)

 昨年10月に韓国の総合格闘技団体ROAD FCが開催を発表した「ROAD FCライト級世界トーナメント」。優勝者にはROAD FCライト級王者クォン・アソル(韓国)への挑戦権が与えられ、最終的にアソルを倒せば新王者の称号と共に賞金100万ドル(約1億円)が手に入ることになる。

 その本戦が今大会で開幕を迎え、世界各地の予選を勝ち抜いた総勢16選手が1回戦で激突。日本予選を勝ち抜いた下石は、韓国のデソンと対戦した。

 下石は“西の業師”の異名を持つ2010年修斗ウェルター級新人王。元UFCファイターの吉田善行に完勝を収めるなど6連勝の活躍を見せると、昨年6月にはDEEPミドル級王者・北岡悟に挑戦。判定負けで王座獲得は逃したが、その後のトーナメント予選2試合を勝ち抜いて今回の本戦出場をつかんだ。

 対するデソンはROAD FC期待の若手で、2013年3月に修斗で迎えたプロデビュー戦こそKO負けを喫したが、以降は6勝1無効試合と無敗を維持。前日の会見では、王者アソルと舌戦を繰り広げた末に机をひっくり返すなどし、新たな遺恨も生んでいた。

 1R、下石が左右フックからすかさずタックルでテイクダウンに成功。デソンは立ち上がると至近距離から左右フックを浴びせるが、下石はすぐに組み直してケージに押し込み、コツコツと顔面にパンチを当てる。デソンが投げを狙っても下石は潰してトップを奪い、組みの攻防で優位に立つ。

 2R、下石は右インローを蹴りながら、左右フックで顔面を狙う。デソンは組んで投げにいくが失敗。下石はここを逃さず組んでケージに押し込みながら、再び顔面パンチでダメージを与える。

 下石はいったん離れて、デソンがパンチを振りかざしてきたところへ鋭いタックル。巧みにテイクダウンを決めてバックを奪うと、チョークをかっちりと極めてデソンをタップさせた。下石が盤石の強さで一本勝ちを収め、準々決勝進出を決めた。

最終更新:7/16(日) 0:55
イーファイト