ここから本文です

米FRB、9月にもバランスシート縮小開始 利上げは忍耐強く=ダラス連銀総裁

7/15(土) 0:56配信

ロイター

[メキシコ市 14日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は、米連邦準備理事会(FRB)が「早ければ9月にも」バランスシートの縮小に着手する可能性があると述べたが、利上げに関しては忍耐強く臨む考えを示した。メキシコ市での講演後、記者団に語った。

バランスシート縮小を巡っては、緩やか、かつ予測可能な方法で進めることで、金融市場の変動が低減されることを望むとした。

米経済は完全雇用に近い状況にあるとの考えをあらためて示す一方、インフレは抑制されており、追加利上げに踏み切る前に一段の進展を確認したいと述べた。

総裁は「経済が矛盾するシグナルを発している状況下では、忍耐強くあることが最善の対応になる」とし、「経済動向に関する一段の情報を見極め、2%の目標に向けたインフレの進捗を示すさらなる証拠を忍耐強く待ちたい」とした。

カプラン総裁は今年これまで、2度の利上げを支持してきた。FRBは年内にもう1度追加利上げに踏み切る方針を示唆している。

インフレ指標については、3月に比べ4、5月は「やや改善した」と指摘。「労働市場の緩みが解消されるのに伴い、賃金圧力が時間差で表れ、インフレ圧力を押し上げるだろう」との見方を示した。

さらにメキシコペソが足元で堅調となっていることは、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の行方を巡る投資家の明るい見方を反映しているとし、自由で開かれた貿易は米国の利益との立場をあらためて示した。

*内容を追加して再送します。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

最終更新:7/24(月) 2:27
ロイター