ここから本文です

うなぎいもの干し芋発売 「キティ」と全国区目指す

7/15(土) 7:52配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 ウナギの頭や骨など加工残さを肥料に活用してサツマイモを栽培する「うなぎいも協同組合」は18日、サンリオとのコラボレーション商品として、ハローキティのキャラクターを包装にデザインした干し芋を発売する。

 うなぎいもは2012年から浜松市を中心に販売を始め、現在はクッキーやかりんとうなど約50種類の土産品を売り出している。台湾やシンガポールへ輸出するなど海外にも販路を拡大する一方、全国的な知名度はまだ低く、ハローキティのブランド力を活用して国内外での販売を強化する。

 同組合によると、うなぎいもは甘みが強く、しっとりとした食感が特徴。最新の乾燥機で加工し、柔らかくて食べやすい干し芋に仕上げるという。秋には生芋のパッケージにもハローキティのデザインを加える予定。干し芋は、同市南区の「うなぎいも王国カフェ」や地元スーパーなどで販売する。140グラム入りで、税込み価格は680円。

静岡新聞社