ここから本文です

【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「かなり満足。5グリッド降格なのでレースペースに集中」

7/15(土) 13:07配信

TopNews

マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、F1第10戦イギリスGP初日を次のように振り返った。

●【P2レポート】アロンソが2セッション連続トップ10 メルセデスの強さ揺るがず/F1イギリスGP

■フェルナンド・アロンソ
MCL32-05
FP1:1分30.993秒(トップとの差 +1.887秒) 20周 8番手
FP2:1分30.238秒(トップとの差 +1.742秒) 28周 9番手

「今日のフリー走行については、かなり満足しているよ。明日に向けてベストな選択をするために、いくつかのオプションを検討する必要がある。ただ、(ESS[=エネルギー貯蔵システム]交換による5グリッド降格ペナルティー(リリース発表当時)によって)決勝は後方からのスタートになることが分かっているので、主にレースペースに焦点を当てている。

金曜日のラップタイムは、それほど重要ではないことは分かっている。ここ2戦は(フリー走行では)8番手から12番手に入っていたので、明日どうなるのか見てみよう。

ここでの主な問題は、ダウンフォースをどれぐらいのレベルにするのかということだ。十分にパワーがあると思えればコーナーでのスピードを上げて、ストレートでは守りに入るためにウイングの角度を少し下げるし、パワーがあまりなく、ストレートではまずまずのスピードが欲しいという場合には、一番小さなウイングを使う必要がある。難しい判断になると思う」

最終更新:7/15(土) 18:53
TopNews