ここから本文です

米鉱工業生産指数、6月は5カ月連続上昇 製造業が反転

7/15(土) 0:58配信

ロイター

[ワシントン 14日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が発表した6月の鉱工業生産指数は前月比0.4%上昇し、上昇率は予想の0.3%を上回った。上昇は5カ月連続。鉱業が堅調だったことに加え、製造業がプラスに転じたことが押し上げ要因となった。

5月は0.1%上昇と、従来発表の横ばいから上方修正された。

6月は鉱業が1.6%上昇。原油・ガス生産のほか、石炭、掘削サービスが活性化したことで押し上げられた。

製造業は0.2%上昇。5月の0.4%低下から反転した。製造業はこのところ自動車販売の鈍化などを受け低迷していた。

全体の設備稼働率は76.6%と、前月の76.4%から上昇。エコノミスト予想は76.7%だった。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

最終更新:7/24(月) 2:25
ロイター