ここから本文です

選手会、更改金額の事前提示要望を決議 受け入れない場合は対抗措置も

7/15(土) 7:00配信

サンケイスポーツ

 日本プロ野球選手会(嶋基宏会長=楽天)は14日、名古屋市のヒルトン名古屋で選手会総会を開き、球団との契約更改交渉の際に金額の事前提示を求めることなどを決議。日本野球機構(NPB)側が受け入れない場合、対抗措置も辞さない構えを示した。

 選手会では、主に若手選手が「考える時間」を持てるよう事前に書面で金額を提示するよう要望。これまでも議題に挙げてきたが、「数字が一人歩きする」との理由で拒否されてきたという。

 選手会は「球団の姿勢はオーナーの意思に基づくものなのか確認する」として、12球団のオーナーに手紙を送る予定。また8月29日に行われる事務折衝で十分な回答が得られない場合、選手会が全選手に実施した契約更改満足度調査の結果公表、さらに、全選手が今オフの更改で一律に保留することを決めた。

 これに対し、NPB選手会関係委員会の谷本修委員長(阪神常務取締役連盟担当)は「話をしている最中に一方的に発信されるのは残念」と不快感を示した。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/26(水) 19:00