ここから本文です

ローラ“干され危機”テレビ出演激減!ダレノガレの3分の1に

7/15(土) 11:03配信

東スポWeb

 人気タレントのローラ(27)が、所属事務所社長との間に決定的なミゾが生まれ、他事務所への移籍が持ち上がった“お家騒動”が広がりをみせている。本紙に続いて、週刊新潮は、事務所側が看板タレントだったローラに代わり、後輩に当たるダレノガレ明美(26)を各方面へ売り込むようになったと報じた。かつてバラエティー番組を席巻した売れっ子・ローラが“干され危機”にブチ当たっている。

【写真】ハリウッド女優にも負けない美脚

 ローラは先月16~17日、ツイッターを通じて「最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいる」「黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない」などと意味深なつぶやきを連発した。「黒い心を持った人」とは、30代後半の所属事務所社長を指すとされる。社長に対する長年の不満がうっ積して爆発、ツイートしたとみられている。

 そのため、ローラは親交が深い大御所タレントの堺正章(70)の支援を受けて年内にも他事務所への移籍が模索されているのは本紙既報通りだ。

「あの報道を受けて、事務所内では情報を流した“犯人捜し”が行われているようだ」(関係者)

 その後、週刊新潮もローラの窮状を続報。事務所側はダレノガレを猛プッシュし、ローラは現在、そのバーターに“格下げ”されており、今年のテレビ出演本数でもローラは、ダレノガレの3分の1程度。「移籍も視野に入れているのではとささやかれている」と伝えた。

 前出の関係者は「実際には、ダレノガレを含めたローラ以外のタレントたちをプッシュしているのが現状」と明かす。同事務所所属である元TBSのフリーアナウンサー・枡田絵理奈(31)やモデルでタレントの藤井サチ(20)、きらりんぼ☆はりー(年齢非公表)という芸名の新人声優らを担ぎ出し、テレビやラジオ番組に露出させているといい「ローラは干されかけている」(芸能プロ関係者)ようだ。

 一方、11日に発表された「2017上半期タレントCM起用社数ランキング」では女優の広瀬すず(19)が14社で首位、ローラは10社で2位タイと健闘。綾瀬はるか(32)、有村架純(24)、上戸彩(31)、高畑充希(25)、吉田羊(年齢非公表)という売れっ子女優陣と肩を並べる同数で、露出は減っていないように映る。

 だが「ローラの稼働はCMがほとんどで、やはりテレビの番組出演は少ないのです」と前出芸能プロ関係者は首を横に振る。ローラはハリウッドデビューを果たしているが、CMタレントになってしまったというのが現実だ。

 今年の芸能界は、事務所からの独立・移籍トラブルが目立つ。元「SMAP」の稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)の3人が、9月8日に所属のジャニーズ事務所を退社する。出家騒動を起こした女優清水富美加(22)は大手芸能プロから宗教団体幸福の科学が5月に新設した事務所に移籍した。4人組ロックバンド「L’Arc~en~Ciel」は年内にも所属事務所から独立する方向だ。

 公正取引委員会はこのほど、大手芸能事務所などを対象に、独立や移籍を制限するなど独占禁止法に抵触していないか調査を開始したというが、ローラも救われるのか、注目だ。

最終更新:7/16(日) 13:17
東スポWeb