ここから本文です

“ポケットサイズ”の超小型メカニカルキーボードが上海問屋から登場

7/15(土) 0:30配信

Impress Watch

 「ポケットサイズ」を謳う超小型のメカニカルキーボード「英語49キー ポケットサイズメカニカルキーボード(DN-914809)」が上海問屋から発売された。キースイッチが異なる「中華青軸」モデルと「中華赤軸」モデルの2種類で、店頭価格は税込4,999円。

【この記事に関する別の画像を見る】

 販売ショップはドスパラ秋葉原本店。

■メカニカルキースイッチを採用したコンパクトキーボード

 これは、本体サイズが幅275×奥行き85×高さ35mmとコンパクトな英語配列のUSB接続キーボード。コンパクトながらメカニカルキースイッチが採用されており、「出先でもしっかりとしたタイピングを求める方に」などとアピールしている。重量は約355g。

 キー数は49。ファンクションキーや数字キーを省いた4段のレイアウトにより、奥行きが抑えられている。このため、F1~F12や数字、「!」「"」「@」といった記号などを入力際には、FnキーやFn+Shiftキーとあわせてキーを押す必要がある。

 また、青色LEDによるバックライト機能を備え、発光パターン(11種類)の選択や、輝度・発光スピードの調節ができる。

 キーピッチは約19mm。キーストロークは約4mm。キーの耐久性については、5,000万回の押下が可能としている。対応OSはWindows 10/8.1/8/7。

 付属品はキー引き抜き工具と英語マニュアル。

[撮影協力:ドスパラ秋葉原本店]

AKIBA PC Hotline!,AKIBA PC Hotline!編集部

最終更新:7/15(土) 0:30
Impress Watch