ここから本文です

【マクラーレン・ホンダ】ホンダ、F1撤退を検討という報道を否定

7/15(土) 19:58配信

TopNews

ホンダは、F1からの撤退を検討しているという報道を否定した。

マクラーレンとホンダの決別は以前からうわさされていた。それに加えて、2018年からカスタマーとしてパワーユニットを供給する予定だったザウバーとの契約解消も取りざたされている。

■ザウバーの新代表が契約解消検討を認める

最近ザウバーのチーム代表に就任したばかりのフレデリク・ヴァスールは、フランスの『L’Equipe(レキップ)』紙に次のように語っている。

「これ(ホンダとの契約解消)は私が最初に取り組もうと考えている問題だ」

「マクラーレンから聞いた話では、恐ろしい状況だよ」

■ホンダのF1継続は新パワーユニット次第?

ドイツの『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』は、ホンダは10月の会議でF1から撤退するかどうかを決定するようだと伝えている。

F1第9戦オーストリアGPから本格投入した新しいパワーユニットが、ねらい通りに成果を発揮すればF1を継続し、失敗すれば撤退するというのだ。

■ホンダは報道を否定

しかし、ホンダの広報担当者は、スペインの『Marca(マルカ)』紙に次のように反論している。

「来年、マクラーレンとともにF1を継続する選択肢以外は考えていません」

「撤退の可能性を検討しているというのは真実ではありません。私たちは、今ある契約を全うします」

ザウバーとの契約解消については、「それについてコメントはありません」とだけ答えている。

最終更新:7/15(土) 19:58
TopNews