ここから本文です

大洗水族館で世界の大カメ展

7/15(土) 4:00配信

茨城新聞クロスアイ

国内外のカメを一堂に集める「亀 世界の大カメ展」がきょうから、大洗町磯浜町のアクアワールド県大洗水族館で始まるのを前に、町立祝町幼稚園の子どもたちを招いた内覧会がきのう開かれた。9月18日まで。

ウミガメやスッポンをはじめ、世界中のカメ24種40点が勢ぞろいする。体重300キロほどになるアルダブラゾウガメと触れ合える特別コーナーもあり、子どもたちは興味津々の様子でゾウガメの甲羅をなでたり、またがったりしていた。

ウミガメの卵を観察できる水槽や、カメにちなんで浦島太郎と乙姫をイメージした顔出しパネルも設置。カメレオンやワニなども展示している。同水族館経営企画課の江美敦子さん(35)は「展示を通してカメに親しんでほしい」と期待を寄せる。

茨城新聞社