ここから本文です

Windows 10、アプリを[スタート]メニューからアンインストールする

7/15(土) 9:55配信

@IT

□□
対象:Windows 10
□□

 Windows OSで不要になったアプリケーションを削除(アンインストール)する場合、コントロールパネルの[プログラムと機能]を使うのが一般的だ。ただWindows 10(特にCreators Update以降)では、コントロールパネルを開くのが少々面倒になっている。

不要になったアプリケーションは、[コントロールパネル]-[プログラムと機能]で行うのが一般的だ。

 そういう理由もあるのかWindows 10では、[スタート]メニューからもアプリケーションをアンインストールできるようになっている。手順は簡単で、[スタート]メニューを開き、アンインストールしたいアプリケーション名を右クリックし、表示されたメニューで[アンインストール]を選択すればよい。

 「このアプリとその関連情報がアンインストールされます」という警告ダイアログが表示されるので、[アンインストール]ボタンをクリックすれば、選択したアプリケーションがアンインストールされる。

 ただし、Windows 10の機能の一部になっているものや、一部のWindowsストアアプリは、[スタート]メニューに表示されていてもアンインストールできないので注意したい。

最終更新:7/15(土) 9:55
@IT