ここから本文です

「ポケモン」サトシ声優・松本梨香、20年の歴史を思い号泣!

7/15(土) 12:09配信

シネマトゥデイ

 20年目を迎えたポケモン映画最新作『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』の初日舞台あいさつが15日、都内で行われ、20年にわたり主人公・サトシを演じてきた声優・松本梨香は「すてきなキャスト、スタッフ、愛してくれるファンのみなさんがいての20年でした」と感慨深い表情を浮かべると、エンディング主題歌「オラシオンのテーマ~共に歩こう~」を林明日香が熱唱する姿に大粒の涙をこぼした。

【写真】本郷奏多、なんと壇上でポケモンGET!

 本作は、いまやパートナーとして固い絆で結ばれているサトシとピカチュウが初めて出会い、伝説のポケモン・ホウオウに会うための旅をしながら、互いにパートナーとして認めるまでの物語を、完全オリジナルストーリーで描く。この日は、ゲスト声優を務めた本郷奏多、山寺宏一、中川翔子、古田新太と、湯山邦彦監督も登壇した。

 松本は、サトシとピカチュウとの出会いや絆を歌ったエンディング主題歌に「サトシを演じるとき、いつもファンの目線でやっているつもりでした」と吐露すると、「いまこの曲を聴いて、20年間のいろいろな人との思い出が走馬灯のように浮かんできました」と号泣。そんな松本の姿に、声優の養成所で松本と同期だったという山寺は「古い友達と20年間、こうして舞台に立たせていただけることが感動です」としみじみ語ると「こんなに泣いている松本梨香を見るのは初めてです」と労をねぎらっていた。

 また20年前から「ポケモン」の大ファンという本郷は、壇上でゲーム機を取り出すと、入場者特典である山寺演じるマーシャドーのポケモンをゲット。「壇上でゲットしたのは僕しかいないでしょうね。テンション上がっています」と喜び、20年前のアニメ主題歌で、世界中から愛されている名曲「めざせポケモンマスター」を松本や山寺らとノリノリで歌っていた。

 湯山監督は「20周年ということで、いつもと違うことをやろうと考えたとき、やっぱりサトシとピカチュウが出会ったところから描こうという思いになりました。1人じゃなく誰かとつながっているというのも『ポケモン』のテーマ。これからもみなさんと歩いていきたいです」と作品に込めた思いを明かしていた。(磯部正和)

『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』は全国公開中

最終更新:7/15(土) 12:22
シネマトゥデイ