ここから本文です

勝ってプロになる!勝みなみ、最終テスト前“ラス闘”3差4位/国内女子

7/15(土) 7:00配信

サンケイスポーツ

 サマンサタバサ・レディース第1日(14日、茨城・イーグルポイントGC、6667ヤード、パー72)アマチュアの勝みなみ(19)が5バーディー、4ボギーの1アンダー、71で首位に3打差の4位と好スタートを切った。2週後に臨む「最終プロテスト」(25~28日、富山・小杉CC)前の最後の大会でツアー2勝目を視野に捉えた。岩橋里衣(31)=フリー=が、6バーディー、2ボギーの4アンダー、68で回り首位につけた。

 太陽が照りつけ30度を超える暑さの中で、勝が好スタート。過去2戦でともに予選落ちした大会で5バーディー、4ボギーで4位。5月の「中京テレビ・ブリヂストンレディス」の第1日で6位となって以来の1桁順位発進に笑みがこぼれた。

 「予選通過したことのないコースでアンダーパーで回ることが大事。気持ちに余裕ができた」

 アウトスタートの1番(パー4)で右奥9メートルのスネークラインを沈めバーディー。その後に連続ボギーをたたいたが「前半はパープレーで回れれば」と切り替えた。イーブンパーで迎えた最終18番(パー4)でピンそば50センチにつけバーディー締め。予選通過へ前進だ。

 今季は筋力を落とさないために、トレーニングに取り組んでいる。ジムには行かずチューブなどを利用した自重トレーニングで体をいじめる。おかげでドライバーの平均飛距離は10ヤード伸び260ヤードに。同郷で鹿児島出身の小田龍一(40)=Misumi=にも意見を求めるなど、意欲的に体を鍛え続けている。

 秘密のお風呂トレにも挑戦中だ。キャディーとして帯同する母・久美さん(50)と温泉で、5月に解散した韓流アイドル「SISTAR」のダンスを練習するのが日課。「結構お尻が鍛えられます。(やるのは)他の人がいない時ですよ」と笑う。アマチュアとして最後の大会になる可能性もある今大会で、3年ぶりのツアー2勝目を挙げて歓喜の舞を踊る。