ここから本文です

【宮城】仙台二、昨夏8強の登米に逆転「下克上」開幕星

7/15(土) 9:03配信

スポーツ報知

◆全国高校野球選手権宮城大会 ▽1回戦 仙台二3―2登米(14日、コボパーク)

 東北6県で最後に開幕した宮城は、1回戦で仙台二が登米に3―2で競り勝った。

 最後の打者を中飛に仕留めると、仙台二ナインに笑顔があふれた。一時は逆転を許しながらも、7回2死三塁から尾形季洋捕手(2年)の右前適時打で勝ち越し。昨夏8強の登米を倒し、チームのテーマ「下克上」を体現してみせた。

 守備で流れをつかんだ。同点の6回、2死二塁から中前打を浴びたが、中堅・佐藤昂樹(3年)がバックホーム。見事に刺し、勝ち越しを許さなかった。春までは守備が課題。ノックに代え、シート打撃の中に守備練習を組み込んだ。高橋和希主将(3年)は「実戦形式の中でやってきた。全員で守り抜くことができてよかった」と話した。

 「下克上」は昨年11月のミーティングでテーマに設定。試合前日には、高橋主将が「下克上を一発目からできるチャンスだ!」と鼓舞した。“開幕戦”で、接戦を制して会心の勝利。県内屈指の進学校が勢いに乗り、強豪撃破を狙っていく。(山口 泰史)

最終更新:7/15(土) 9:18
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/20(木) 23:45