ここから本文です

ルールを決めてゲームを遊ぶ子は勉強も効率的? 今どきの小学生の実態調査

7/15(土) 12:01配信

ねとらぼ

 「朝日小学生新聞」が読者を対象にゲームプレイと勉強の状況を調査した結果、全体的に遊べる時間を制限するなど家庭内でルールを決めてプレイしている子は、ゲーム機を持っているが禁止されている子より勉強への集中力が高く勉強における自主性や集中力が高い傾向を示したことが分かりました。

【「ゲームOK」の子は勉強への集中力や自主性が高いことがうかがえます】

 調査対象は小学1年生~6年生の男女457人で、81.4%が「勉強が好き」と回答。また、このうちゲーム機を持っていると答えた小学生は370人で、うち91.9%は「宿題や勉強が済んだあと」「1日のうち決められた時間内」など、ゲームに関する家庭内ルールが決められているとのこと。その一方で「(ゲーム機は持っているが)ゲームNG」とされている子は15人(4.1%)と少数派です。

 勉強への集中力や計画性、自主性について肯定した回答は、いずれも「ゲームOK」の子が「ゲームNG」の子より大幅に高い数値を示しました。後者は人数が少なく、単純に比較するのは早計かもしれませんが、必ずしもゲームが学業の妨げとなっていないことは注目すべきでしょう。

 「ゲームOK」の子ほど家族との会話時間が長く、70%が親に悩みを相談しているとのデータも。親と一緒にゲームをする子ほど好成績という傾向もあり、親の理解も大切なようです。

 また、子ども全体の47.5%、ゲームが好きな親の60.8%が、「ゲームが勉強に役に立つことがあった」と回答しています。具体的な効果は、「いろんな知識が身についた」「漢字を覚えた」「集中力が上がった」など。ゲームから得られる知識やロジカルな考え方などは、案外ばかにできないですからね。

 調査報告の最後には、2020年の必修化に先駆けてプログラミング教育を実践している、東京都小金井市立前原小学校校長・松田孝先生のコメントも。ゲームには楽しみながら学べるツールとしての側面があり、物事の成り立ちや社会の仕組みを疑似体験できるとしています。また、親がルールを決めて遊ばせてデメリットについても説明すれば、子どももゲームやデジタルとの付き合いかたが判断できるようになるとの提案もされています。

最終更新:7/15(土) 12:01
ねとらぼ