ここから本文です

米下院、国防権限法案を可決=日韓との安保連携訴え

7/15(土) 4:58配信

時事通信

 【ワシントン時事】米下院は14日、2018会計年度(17年10月~18年9月)の国防予算の大枠を定める国防権限法案を可決した。

 北朝鮮の核・ミサイル開発の脅威に対抗するため、日米韓3カ国での情報共有など安全保障面の連携を促す条項も盛り込まれた。

 上院も独自の国防権限法案の審議を進めており、今後両法案が一本化される見通し。 

最終更新:7/15(土) 5:05
時事通信