ここから本文です

【球宴】MVP内川 大谷の代打で申し訳ない

7/15(土) 14:00配信

東スポWeb

【マイナビオールスターゲーム2017(14日=ナゴヤドーム)全パ6-2全セ】最優秀選手賞となったソフトバンク・内川聖一外野手(34)は恐縮しきりだった。2―2の8回二死二塁から勝ち越しの中前打。大谷の代打で登場した7回にも中前打を放ち、球界屈指のヒットマンがマルチ安打で貫禄を見せたが「やっちゃったという感じです。大谷の代打と言われ本当に申し訳ない。ファンの人も大谷を見たかったと思う。大谷には『ため息で包まれると思うから聞いておいて』と言いました」

 もっとも、そんな中でも「心の中ではここで打ったら(MVPの)チャンスがあるかもと100%よぎっていた」と冷静に判断して、きっちり結果を出し賞をさらっていくあたりはさすがベテランだ。

 球宴MVPは2013年の第3戦(いわき)に続き2度目。4年ぶりの出場のため自身は2試合連続の受賞となった。「あのときは東日本大震災の復興のために東北で1試合やった。今回も九州で大雨の被害が出ている」と不思議な因縁も感じている。「地元ではないが知っている土地。被害に苦しんでいる人に使ってもらえれば」と賞金の300万円は九州北部豪雨の被災者に寄付する意向を示した。

最終更新:7/15(土) 15:35
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 4:00