ここから本文です

ハワイの環境事情説明 こども大使、雙葉中生と交流 静岡

7/15(土) 8:02配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 「静岡こども環境大使事業」(県、静岡新聞社・静岡放送主催)の交流研修で本県入りしているハワイ環境大使の2人が14日、静岡市葵区の静岡雙葉中を訪問した。ショーン・スエオ・コバヤシさん(13)とジャナ・キヨ・リリィ・マスナガさん(15)が同校の生徒らと交流した。

 歓迎式は同校の2年生約140人が参加した。コバヤシさんはあいさつでハワイ州固有の花「オヒア・レフア」を紹介し、「外部からの菌の影響で数が減少している。文化として守らなければ」と環境保全を訴えた。

 サンゴの白化現象について解説したマスナガさんは「地球温暖化や海水汚染が原因になっている。魚も減り、人にも影響がある」と話した。

 静岡こども環境大使として昨年ハワイを訪問した同校の深津真彩さん(14)は「多くの文化を教わったので、今回は私が静岡の文化を伝える」と、生徒を代表して英語でスピーチした。式終了後、2人は生徒らとともに数学や家庭科の授業に参加した。

静岡新聞社