ここから本文です

孫氏、バフェット氏と面会=スプリントへ2兆円投資も―米メディア

7/15(土) 6:18配信

時事通信

 【ニューヨーク時事】米メディアは14日、ソフトバンクグループの孫正義社長が米著名投資家ウォーレン・バフェット氏と面会したと報じた。

 会談の内容は不明としつつも、バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハサウェイがソフトバンク傘下の米携帯電話4位スプリントに100億~200億ドル(1兆1250億~2兆2500億円)の資金を投じる可能性もあるとしている。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)などによると、2人は米アイダホ州で今週開かれた企業経営者らが集まる会議で面会。孫社長は「CATV王」の異名を持つ米リバティー・ブロードバンドのジョン・マローン会長とも個別に会ったという。リバティーは米CATV2位チャーター・コミュニケーションズの筆頭株主。 

最終更新:7/15(土) 7:27
時事通信