ここから本文です

実売3,480円の格安PCケース「舞黒透」が発売、側面は透明パネル

7/15(土) 22:05配信

Impress Watch

 左サイドがアクリルパネルになっているmicroATXケースが登場、SAMAから「舞黒透 MAIKUROSUKE(MK-01W)」が発売された。販売元はアイティーシーで、店頭価格は税抜き3,220円(税込3,478円)と非常に安価。

【この記事に関する別の画像を見る】

 販売ショップはツクモeX.パソコン館、ツクモパソコン本店。

■内部のパーツを魅せる用途に向いた低価格microATXケース

 舞黒透は、ミドルタワータイプのmicroATXケース。2016年1月に発売されたATX対応ケース「黒透 kurosuke(JAX-02W)」の小型モデルで、左サイドに大型の透明アクリルパネルを搭載しており、内部のパーツやイルミネーションを楽しむ“魅せる”用途に向いている。

 また、PCケースとしては安価な点も特徴。アクリルパネルは強化ガラスと比べると傷つきやすいが、低コストで導入できるのは大きなメリットだ。

 主な仕様は、対応マザーボードがmicroATXとMini-ITX。ドライブベイ数は5インチ×1、3.5インチシャドウベイ×1、2.5インチシャドウベイ×1、2.5/3.5インチ共用シャドウベイ×1。取り付け可能なPCパーツは、拡張カードの長さが最大315mm、CPUクーラーの高さが145mmとなっている。冷却ファンは背面にLED内蔵の80mmタイプが1基搭載されているほか、フロントに120mmまたは80mmファンを1基増設可能。電源は別売りで、ATX規格に対応している。

 本体サイズは186×360×377mmで、カラーはブラック。

[撮影協力:ツクモパソコン本店とツクモeX.パソコン館]

AKIBA PC Hotline!,AKIBA PC Hotline!編集部

最終更新:7/15(土) 22:05
Impress Watch