ここから本文です

NY円、112円台半ば

7/15(土) 7:00配信

時事通信

 【ニューヨーク時事】週末14日のニューヨーク外国為替市場では、低調な米経済指標の発表を受けてドルが売られ、円相場は1ドル=112円台半ばに上伸した。午後5時現在は112円49~59銭と、前日同時刻比76銭の円高・ドル安。

 6月の消費者物価指数と小売売上高は、いずれも市場予想を下回った。これを受けて、利上げペースが一段と緩やかになるとの見方から米長期金利が低下。ドルを売って円を買う動きが加速し、円は一時112円26銭まで上昇した。 

最終更新:7/15(土) 9:27
時事通信