ここから本文です

【仙台】名古屋のDF古林将太に獲得オファー

7/15(土) 6:03配信

スポーツ報知

 J1ベガルタ仙台がJ2名古屋DF古林(こばやし)将太(26)に獲得オファーを出していることが14日、複数のJリーグ関係者の話で分かった。

 サイドバックを務める古林は、スピードあふれるドリブル突破やクロスの正確性など攻撃力に定評があり、中盤でサイドハーフもこなせる。2015年にJ1湘南で3得点を挙げ、J1残留に貢献。昨季、名古屋に移籍したが、今季はJ2でリーグ戦1試合出場にとどまっている。

 仙台は、開幕から左ウィングバック(WB)のレギュラーを務め、チーム最多タイの3アシストのルーキーDF永戸勝也(22)が1日のG大阪戦で右くるぶし骨折などの重傷を負い、今季中の復帰は絶望的となっている。

 8日の神戸戦では、MF中野嘉大(24)が左WBに回り、右WBはDF蜂須賀孝治(26)が務めた。古林が加入となれば、MF菅井直樹(32)らも交え、右WBの先発争いが激化するのは確実。後半戦の巻き返しへ、チームの底上げにもつながりそうだ。

 ◆古林 将太(こばやし・しょうた)1991年5月11日、神奈川県生まれ。26歳。湘南のジュニア、ユースチームでプレーし、2010年にJ1に上がった湘南のトップチームに昇格。11年にJ2草津に期限付き移籍し、12年にJ2湘南に復帰。昨季、J1名古屋に完全移籍した。J1リーグ戦通算91試合出場4得点。J2リーグ戦通算76試合出場4得点。174センチ、71キロ。血液型B。

最終更新:7/27(木) 2:35
スポーツ報知