ここから本文です

松居騒動に…おぎやはぎ矢作は激情家女性の対処法を伝授

7/15(土) 16:31配信

東スポWeb

【現役放送作家X氏の芸能界マル秘ウラ話】船越英一郎(56)と松居一代(60)の離婚騒動が勃発し、松居がブログや動画投稿サイトを駆使して過激な発言を繰り返し、ワイドショーをにぎわせている。芸人らも興味津々で、次の展開を見守っている。

 伊集院光(49)は、松居が発信したユーチューブ動画について「何が怖いって、あんなにカメラ目線で怒ってる人、怖いじゃん。すべての恨みを集結させて、カメラを凝視してる人。だから、アレが出てくると、チャンネル替えちゃうんだよね」と恐れている。

 世間の注目も半端ではないといい「刻一刻と変動はしてるものの、女性ブログランキングの1位が松居一代さんで、2位が泰葉。3位が笑っちゃったんだけど松居直美さんが入ってんのね。『松居』を全部クリックしちゃってんだろうなって」と伊集院。

 松居のこの勢いに、加藤浩次(48)も「トップのユーチューバーになったよな! 瞬間風速はね」とちゃかしている。

 ナインティナインの岡村隆史(47)は「もともとユーチューブにいろんな投稿するってありましたけど、言うたら『嫁チューブ』ですよね。夫婦の話って、夫婦内で解決するお話でしたけども、こうやってユーチューブに上げて『みなさん、聞いてください』って言う時代が来てしまうんですよ。芸能界だけじゃなくてね。今後、なんかあったら『ユーチューブに載せたれ』みたいな人が出てくると思う」と予測。

 一方で「(心を病んだ経験から)僕なんかから見るとですよ、松居さんの方が心身ともに疲れている。人間ってそういう状態やと、本当に冷静な判断ができなくなるんですよ」と気遣う。

 明石家さんま(62)も冷静さを欠いた今回の騒動について「どうなっていくのかな? なんで、もうちょっと普通に離婚できないのか。離婚するにしてもな。女の人がホレてしまって、ものすごいプライド高かったりして、年齢的なものもあるかもしれない。ああいう形になってしまってるんやろうけど。どっちが正しいか分からへんことやから。夫婦ゲンカなんてね」と女性の情念について触れている。

 おぎやはぎの矢作兼(45)は「(激情家の女性と交際していた時に)俺は別れるのに何年かかけたことあるよ。別れてくれなくて。時間をかけてゆっくりと。ピッて剥がしたら破けちゃって、汚くなっちゃうシールあるじゃん。あれって、超ゆっくり剥がさなきゃいけないじゃん。紙のシールをゆっくりと剥がすように」と対処法を語っている。

☆プロフィル=1967年、東京・神楽坂生まれ。23歳の時にラジオ番組で放送作家デビュー。現在はPTAから苦情が絶えない某人気バラエティー番組やドラマの脚本を手掛ける。

最終更新:7/15(土) 16:48
東スポWeb