ここから本文です

【K―1】人命救助の小宮山工介“名誉の負傷”も年内復帰目指す

7/15(土) 16:31配信

東スポWeb

 人命救助で一躍“時の人”となったK―1ファイターの小宮山工介(30)が14日、都内で会見を行った。小宮山は12日、徳島・鳴門市内の県道を自動車で走行中、車両事故の現場に遭遇。炎上しているトラックの窓ガラスをヒジ打ちで壊すなどして2人を救助した。

 鳴門市の警察署と消防署から表彰された小宮山は「車内に男性が閉じ込められていた。とっさの判断ですね」と痛々しい傷が残る右ヒジを見つめながら振り返った。

 昨年9月の「スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント」1回戦でパウロ・テバウを撃破した際に左足を負傷し欠場中。当初は9月18日のさいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ大会での復帰が予定されていたが、今回の救出劇で約10針縫う裂傷を負いガラスの破片も体内に残っているため、復帰は再び延期となった。しかし宮田充K―1プロデューサーは「年内に復帰してほしい。トーナメントで負けたわけではないし、(スーパー・フェザー級王者の)大雅選手との対戦が見たい」と話した。

 人命救助でK―1の名を上げた次は、ベルトを奪取して本業での悲願を達成したいところだ。

最終更新:7/15(土) 16:44
東スポWeb