ここから本文です

松居一代、女性脚本家に内容証明 船越への手紙など非難、謝罪求めていた

7/15(土) 6:04配信

スポーツ報知

 俳優の船越英一郎(56)から離婚調停を申し立てられたタレントの松居一代(60)が14日、動画サイト「YouTube」内の自らのチャンネルを更新した。前日13日に更新した動画では人気女性脚本家が船越に宛てた2010年の手紙を公開したが、この日は船越が女性脚本家に宛てた手紙を公開。さらに松居が女性脚本家に内容証明郵便を送っていたことも明かした。

 船越の手紙には「京の『うるとらC』におつきあい下さりただただ感謝です。生涯の友を得た予感の中でくみ交す盃は格別でした。再会を楽しみにしています」と会食のお礼と思われる文章がつづられている。松居は2010年9月23日、自宅で掃除中に手紙を見つけ、船越に連絡。すると、女性脚本家から松居の携帯電話に連絡があったという。松居は「納得できるお話はできませんでした」とし、女性脚本家の事務所宛てにバイク便やファクスで手紙を送り、29日には内容証明郵便を送付した。

 内容証明の中身は、女性脚本家が船越に手紙やネックレス、恋愛成就を願うシールなどを贈ったことを非難し、どう謝罪するかを1週間後に文章で回答することを求めている。回答があったかは明かしていない。

最終更新:7/15(土) 6:04
スポーツ報知