ここから本文です

劉暁波氏を火葬=早期幕引き狙う―中国

7/15(土) 10:35配信

時事通信

 【北京時事】13日に死去した中国の民主派作家でノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏が15日朝(日本時間同)、遼寧省瀋陽市で火葬された。

〔写真特集〕中国の民主派作家・劉暁波氏

 国営新華社通信が英文で伝えた。

 地元政府が記者会見して発表したもので、火葬は遺族の意思と中国東北地方の習慣に基づくものだと強調。火葬前に行われた簡素な葬儀には、妻の劉霞さんや劉暁波氏の友人が参列したとしている。

 中国当局は早期の火葬で、劉氏を追悼する内外の動きを沈静化させ、幕引きを図る狙いがあるとみられる。劉氏の支援者によると、当局は火葬後に遺灰を海にまくよう遺族に求めており、支援者が集まりかねない墓への遺骨の埋葬を認めない姿勢を示している。

 香港メディアによると、葬儀は午前6時半に始まり、葬儀会場の正面には黒地に白い文字で「劉暁波先生遺体告別式」と書かれた横断幕のほか、劉氏の白黒の写真も掲げられた。劉霞さんのほか、劉暁波氏の兄や弟、友人が参列したというが、劉氏の親族には外部から連絡が取れない状態が続いている。友人の具体名も公表されなかった。 

最終更新:7/15(土) 12:54
時事通信