ここから本文です

「わんこそば打線」鼓舞、おわんかぶった部員 盛岡大付

7/15(土) 16:13配信

朝日新聞デジタル

(15日、高校野球岩手大会 盛岡大付7―0一関学院)

 「どんどん食うぞ」

 15日の岩手大会4回戦。盛岡大付スタンドでは、部員8人が「おわん」のかぶり物を頭にのせて応援。切れ目のない「わんこそば打線」を盛り上げた。

 昨夏の甲子園で、安打を畳みかけ得点を重ねてベスト16進出。「わんこそば打線」と恐れられた。

 「その勢いを今年も」と、関口監督の妻が紙皿でかぶり物を手作りした。室井和志(1年)は「甲子園出場が決まったら、オリジナルの歌と振り付けを考案したい」。

 今春の選抜に向けた激励会で、勢いよくそばをかき込んで見せた捕手の松田夏生(3年)は、応援に応えて前打者に続き本塁打を「おかわり」。「つなぐ野球の真価を発揮できるよう、頑張ります」(阿部浩明)

朝日新聞社