ここから本文です

佐久長聖、延長15回で辛勝 押し出し四球サヨナラ勝ち

7/15(土) 17:51配信

朝日新聞デジタル

(15日、高校野球長野大会 佐久長聖1―0松本工)

 2年連続の夏の甲子園をめざす佐久長聖(長野)が、長野大会3回戦で0―0の延長十五回、押し出し四球で松本工にサヨナラ勝ちし、辛くも4回戦に進んだ。

 エース塩沢太規(3年)は15回を1人で投げ抜き、被安打6、12奪三振の好投。だが、打線は単調な攻撃が目立ち、適時打が遠かった。十五回1死満塁から、古谷宙大(みちひろ)(3年)が四球を選び勝負を決めた。

 藤原弘介監督は「今日の試合は塩沢がよく投げてくれたということに尽きる」としたうえで「攻撃については反省点が多い試合。一度負けたと切り替えて、次戦にそなえる」と話した。=長野オリンピック

朝日新聞社