ここから本文です

河童の河次郎はイチゴ味? 兵庫・福崎「がじろうケーキ」人気

7/15(土) 7:55配信

産経新聞

 福崎町南田原のケーキ店「レ・ボ・プロバンス」が、町内の辻川山公園に“出没”する河童(かっぱ)のキャラクター河次郎(がじろう)をモチーフにした「がじろうケーキ」(税別500円)の販売を始め、人気を集めている。

 河童の研究でも知られる民俗学者、柳田国男の生誕地である同町では河童を活用したまちおこしを推進。辻川山公園には河次郎が機械仕掛けで浮び上がる池もあり、多くの観光客が訪れる。

 河次郎ケーキは、店長の山崎寛史さん(38)が発案。同店は福崎インターチェンジ近くに位置し、神戸・岡山方面から訪れる客も多いことから、地元だけでなく、他の地域にも河次郎の存在を知ってもらおうと今年初めて商品化。6日から販売を始めた。

 ケーキは高さ約5センチ、奥行き約8センチ、幅約12センチ。本体はイチゴムース、頭の皿や髪の毛はブラックチョコレートで仕上げ、ケーキの周囲には青色のレモンゼリーで水面を表現した。1日10個の限定販売だが、土日は完売するなど上々の売れ行きという。

 山崎さんは「ケーキで河次郎をアピールすることで、まちおこしに役立てば」と話す。問い合わせは同店(電)0790・23・0066。

最終更新:7/15(土) 7:55
産経新聞