ここから本文です

【球宴】MVPはソフトバンク・内川、V打で2度目受賞

7/15(土) 7:04配信

スポーツ報知

◆マイナビオールスターゲーム2017 第1戦 全セ2―6全パ(14日・ナゴヤドーム)

【写真】オールスターといえば忘れられない江夏の9連続奪三振

 内川はベンチに向かって右拳を突き出した。「心の中では100%、MVPがよぎっていた。『ここで打てばチャンスがあるかも』と思って打席に入った」。8回2死二塁、中前へシャープに勝ち越し打を運んだ。4年ぶりの出場で13年の第3戦(いわき)以来、2度目のMVPに輝いた。

 同点を呼んだのも内川だ。7回先頭の大谷の代打で登場。「ファンの人も大谷選手を見たかったんじゃないかな。ちょっと申し訳ないな」と言いながら、又吉から中前安打。その後2死一、二塁、デスパイネの右前打で二塁から同点のホームを踏んだ。

 球宴はめっぽう強い。これで通算26打数13安打の打率5割、9打点。本塁打は未体験だが「僕が持っているのはヒット(の技術)。持っているものしか出せない」。2000安打まで残り34本に迫っている安打製造のテクニックも最高の見せ場だった。

 本拠を置く福岡を含む九州北部を豪雨被害が襲った。心を痛める内川は「熊本地震も見たし、九州では大雨で被害が出ている。自分のためというより、被害で苦しい思いをしている人のために使いたい」と、賞金300万円で復興を支援したい考えを明かした。(戸田 和彦)

最終更新:7/15(土) 9:25
スポーツ報知