ここから本文です

氷かき器の売れ行き好調=手軽さ人気、用途も多様

7/15(土) 15:37配信

時事通信

 自宅で本格的なかき氷を手軽に楽しめる「氷かき器」が人気を集めている。場所を取らないハンディータイプや、専門店並みの本格的なかき氷が作れる高性能な据え置きタイプなどさまざまな機種が登場。厳しい暑さが続く中、インターネット通販などで販売が急増している。

 ヤフーが運営する「Yahoo! ショッピング」では、5月中の氷かき器の売上高が前年の3倍を超えた。1番人気は生活用品を扱うドウシシャの「大人の氷かき器コードレス」。乾電池式のハンディータイプで価格は3000円程度。「手軽さに加え、冷製パスタのソースやカクテル作りなどにも応用できる便利さが支持されている」とヤフー担当者は話す。

 楽天運営の「楽天市場」では、きめの細かい「台湾風かき氷」を自宅で作れる据え置き型の商品が好評だ。価格は5000円程度とやや高めだが、専門店などと同じような食感が楽しめる。

 氷かき器の利用者が、料理などへの応用例をSNS(交流サイト)で紹介するケースも増えており、ヤフー担当者は「口コミ情報で、人気に拍車が掛かっているのではないか」と分析している。 

最終更新:7/15(土) 20:25
時事通信