ここから本文です

仏トラックテロ1年 追悼式典 遺族「立ち直れない」

7/15(土) 7:55配信

産経新聞

 【ベルリン=宮下日出男】86人が死亡したフランス南部ニースのトラック暴走テロは14日、発生から1年を迎えた。現地では追悼式典が執り行われたが遺族の悲しみはなお癒えていない。

 ニースの追悼式は犯行現場となった海岸沿いの「プロムナード・デ・ザングレ(英国人の遊歩道)」に近い広場などで開催。軍事パレードなどが行われ、マクロン大統領も革命記念日の軍事パレード出席後にパリから駆け付けた。

 犯行では大型トラックが約2キロ暴走し、観光客らを次々とはねた。爆発物や銃器を使い、周到に準備されたテロと異なり、身近な車を“凶器”にした事件は大きな衝撃を与えた。

 遺族会を代表する男性は独メディアに対し、「1年たっても、人々はまだ立ち直れていない」と、遺族が負った傷の深さを語った。

最終更新:7/15(土) 7:55
産経新聞