ここから本文です

劉暁波氏、統制下で火葬・散骨=妻の処遇焦点に―中国

7/15(土) 16:28配信

時事通信

 【北京時事】13日に死去した中国の民主派作家でノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏は15日、遼寧省瀋陽市で火葬され、遺骨は海にまかれた。

 中国当局は火葬直前の簡素な葬儀を午前6時半(日本時間同7時半)からという早朝に、限られた親族だけを集めて厳しい統制下で実行。直後の散骨は、支援者が集まりかねない墓地への遺骨埋葬を阻止する狙いがあったとみられる。

 国営新華社通信は15日、英文ニュースで、劉氏の火葬と海への散骨が遺族の意思に基づくものだったと強調。香港メディアによると、瀋陽市政府が同日午後開催した記者会見で、劉氏の兄、劉暁光氏も「遺族の希望したことだ。共産党と政府に感謝する」と述べた。妻の劉霞さんは会見に姿を見せなかった。

 市政府が公表した複数の葬儀の写真では、劉霞さんは劉暁波氏の遺影を胸に抱き、憔悴(しょうすい)しきった様子。ひつぎに横たわった劉暁波氏の前には親族6人が並んでいたが、6人には外部から連絡が取れない状態が続いていた。

 葬儀に参列した「友人」の写真も公表されたが、知られている顔はなかった。そもそも、著名な人権活動家の胡佳氏をはじめ、劉氏の友人は当局によって次々に軟禁状態に置かれており、参列は不可能だった。

 中国当局としては、内外で追悼の動きがこれ以上広がらないよう早期に幕引きを図る意向とみられる。そうした中、焦点は自宅軟禁状態に長年置かれてきた劉霞さんの処遇だ。「劉霞さんの自宅軟禁を解き、出国を認めるよう中国政府に求める」(ティラーソン米国務長官)といった海外からの要求に、中国政府は「法律に基づいて問題を処理する」(外務省報道官)と明言を避けている。 

最終更新:7/15(土) 19:49
時事通信