ここから本文です

<小倉祇園太鼓>鉦に合わせ、両面打ち披露 競演大会

7/15(土) 19:13配信

毎日新聞

 約400年の伝統を誇る北九州の夏祭り「小倉祇園太鼓」のメイン行事で、太鼓の技量や所作の美しさを競う「競演大会」(小倉祇園太鼓保存振興会主催)が15日、北九州市小倉北区の小倉城大手門前広場であった。出場した81団体がジャンガラと呼ばれる鉦(かね)に合わせ、独特の「両面打ち」を披露した。

 開会に先立ち、九州北部豪雨の犠牲者の冥福を祈って全員で黙とうした。その後、地域の代表や企業など3部門に分かれて技を競った。浴衣に草履姿の参加者は蒸し暑い中、額に汗を浮かべながら懸命に太鼓をたたいたり、鉦を鳴らしたりした。【奥田伸一】

最終更新:7/15(土) 19:13
毎日新聞