ここから本文です

ロッテ「謎の魚」、球宴デビュー 第3形態に進化

7/15(土) 21:18配信

朝日新聞デジタル

 ロッテの新キャラクター「謎の魚」が15日、本拠ゾゾマリンスタジアムであったオールスターゲームで球宴デビューを果たした。三回裏終了時に、バックスクリーンのビジョンに第1形態の姿で登場。その後、12球団のマスコットと共にバックスクリーン下から第2形態でグラウンドに現れた。

【写真】三回裏終了後、第2形態で登場したロッテの新キャラクター「謎の魚」=西畑志朗撮影

 魚の出場は、今月5日に日本野球機構(NPB)から発表された。オールスター期間中は、千葉県の鴨川で休暇を取る予定だったが、球団広報に「デビューから一カ月半でのオールスター出場は初でないか」と言われて、出場を決意していた。

 この日の魚は、出すか迷っていたという「必殺技」を封印。魚を捕まえる網を持ったマスコットからひたすら逃げていた。阪神のトラッキーからタックルを受けるなどして転倒。そのまま口から抜け出し、第3形態の骨に進化すると、胸に「魚詰め合わせ」の目録を抱えて再び逃げ出した。

 最後はマスコットたちにもみくちゃにされ、阪神のトラッキーに目録を奪われた魚。抜け殻をマスコットたちに運んでもらい、巨人のジャビットになぐさめられながら(?)グラウンドを去っていった。

 「出る杭は打たれるという意味がよく分かりました」とコメントを出した魚。それでも「オールスターは竜宮城みたいで華やかでいいですね。また出たいです」と来年以降の出場にも意欲を見せていた。

朝日新聞社