ここから本文です

<米国防総省>アフガンのIS指導者殺害

7/15(土) 19:29配信

毎日新聞

 【ニューデリー金子淳】米国防総省は14日、過激派組織「イスラム国」(IS)のアフガニスタンにおけるトップ、アブ・サイード指導者を殺害したと発表した。アフガンのIS指導者の殺害は昨年7月以降3人目。国防総省は声明で「アフガンでのISの拡大阻止につながるだろう」としている。

 発表によると、駐留米軍は11日、東部クナール州にあるISの拠点を空爆し、サイード指導者ら複数のIS戦闘員を殺害したという。サイード指導者は4月、前任者が米軍に殺害されたことを受け就任したばかりだった。

 ISは同州や隣接するナンガルハル州で一定の支配地域を確保しており、アフガンやパキスタンでたびたびテロ攻撃を実施している。米軍は3月からアフガン軍と合同でISの掃討作戦を開始。4月には大型爆弾GBU43を投下し、戦闘員90人以上を殺害した。

最終更新:7/15(土) 19:29
毎日新聞