ここから本文です

稲田、金田氏交代へ=二階幹事長は留任―来月3日に内閣改造

7/15(土) 17:44配信

時事通信

 安倍晋三首相は、内閣改造を来月3日に実施する方針を固めた。

 自民党役員人事も併せて行う。政府・自民党関係者が15日、明らかにした。内閣改造で、稲田朋美防衛相や金田勝年法相は交代の方向。自民党役員人事では、党運営の要を担っている二階俊博幹事長と高村正彦副総裁は留任させる見通しだ。

 稲田防衛相は、先の東京都議選の応援演説で「自衛隊としてもお願いする」と発言し、野党が罷免を要求。改正組織犯罪処罰法の国会審議で不安定な答弁が目立った金田法相とともに、与党内では交代を求める意見が強い。

 首相は政権の骨格を維持する考えを明言。閣内では麻生太郎副総理兼財務相と菅義偉官房長官を留任させる意向を明らかにしている。党幹事長についても政治経験の豊富な二階氏に続投を求め、難局を乗り切る考えとみられる。中国との関係改善を進める中、同氏の持つ太いパイプへの期待もある。首相と気脈を通じる高村氏は、憲法改正をめぐる党内論議の取りまとめを引き続き担う。 

最終更新:7/15(土) 18:03
時事通信