ここから本文です

劉暁波氏の妻、会見に現れず 散骨、当局説明に不信拡大

7/15(土) 22:59配信

朝日新聞デジタル

 13日に死去したノーベル平和賞受賞者で中国の著名人権活動家、劉暁波(リウシアオポー)氏の遺体が15日に火葬され、その日のうちに海に散骨された。厳しい情報統制の中で広がる劉氏追悼の動きを警戒した中国当局の意向が働いたとみられる。記者会見に出席した遺族は当局への「感謝」を口にしたが、支援者らは「劉氏の死をも政治的に利用するのか」と強く反発した。

【写真】15日、劉暁波氏の遺灰が入ったとみられる骨つぼを船から海に入れる遺族ら(遼寧省瀋陽市政府提供)

 遼寧省瀋陽市のホテルで夕方開かれた遺族の会見に妻の劉霞(リウシア)氏(56)の姿はなく、劉氏の兄、劉暁光氏(68)が1人で出席。同市政府の報道官に付き添われ、劉氏の遺灰を散骨した理由や状況を説明した。

 会見で、劉暁光氏は「人道的な対応をしてくれた党と政府に感謝する。親族の希望に沿い、治療から散骨まで完璧だった」と当局の対応を称賛。「トップクラスの専門医まで呼んだことは社会主義の優越性を示し、中国でなければ実現できない」とまで言った。

 散骨の理由については、亡くなった別の親族の遺灰を最近散骨した体験に触れて、「長男として親族を導いた」と述べた。

 劉暁光氏の会見は約20分で終了。「疲労や高齢」を理由に質問を受けずに会場を出たため、「劉霞氏はどこにいるのか?」などと追いかける記者が相次いだ。

 その後は同席していた瀋陽市の報道官が会見を継続。散骨の様子などを撮影した5枚の写真と三つの動画も公開した。

朝日新聞社