ここから本文です

スノボの平野ら強化指定=スキー連盟

7/15(土) 19:45配信

時事通信

 全日本スキー連盟は15日、東京都内で理事会を開き、平昌五輪が控える2017~18年シーズンのスノーボードとアルペンスキーの強化指定選手を承認した。スノーボードはハーフパイプ(HP)男子で2014年ソチ五輪銀メダルの平野歩夢(バートン)と銅メダルの平岡卓(同)、同五輪女子パラレル大回転銀メダルの竹内智香(広島ガス)らを指定。HP男子で過去3度のワールドカップ(W杯)種目別優勝を遂げている青野令は外れた。アルペン男子は湯浅直樹(スポーツアルペンク)らが指定された。

 ノルディックスキーとフリースタイルスキーの強化指定選手は、既に決まっている。 

最終更新:7/15(土) 19:49
時事通信