ここから本文です

劉氏悼み無言の行進=香港民主派がデモ

7/15(土) 21:52配信

時事通信

 【香港時事】香港の民主派は15日夜、中国のノーベル平和賞受賞者で13日死去した劉暁波氏を追悼するデモを行った。

 参加者は劉氏の死を悼むとともに、妻の劉霞さんの自宅軟禁を解くよう中国政府に求めた。地元テレビによると、参加者は警察発表で約2000人だった。

 香港島中心部の公園に集まった参加者は黙とうをささげた後、それぞれ手にろうそくを持ち、中国政府の出先機関である連絡弁公室まで無言のまま行進。デモを主催した民主派団体「香港市民愛国民主運動支援連合会」(支連会)幹部の何俊仁氏は「中国への強烈な無言の抗議だ」と強調した。

 参加した弁護士の鄒幸※(※杉の木ヘンを丹に)さん(32)は、劉氏が死後3日目という中国の慣習としては早い段階で火葬、散骨されたことに「家族の願いがかなわなかった」と憤りを表明。劉霞さんが政府の強い圧力にさらされているとして、「彼女の身の上を心配している」と語った。 

最終更新:7/16(日) 1:29
時事通信