ここから本文です

海老蔵、舞台の中日を迎え「まおが見守ってくれている」

7/15(土) 7:47配信

スポーツ報知

 歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)が15日、自身のブログを更新し、座頭を務める東京・歌舞伎座公演「七月大歌舞伎」(27日まで)が中日を迎えた心境をつづった。

 先月22日に妻の小林麻央さんが亡くなり3日に初日を迎えた舞台。夜の部では通し狂言「駄右衛門花御所異聞(だえもんはなのごしょいぶん)」で長男の勸玄(かんげん)くん(4)が史上最年少の宙乗りを成功させた記念の舞台に「中日です。ようやく折り返し地点。これも多くのファンの方の力、家の中で支えてくれるみんなの力、楽屋のみんな。まおが見守ってくれているからと思います」とファン、支えてくれる人々、そして天国の麻央さんへ感謝した。

 「折り返しと言えどまだまだ続く過酷な日々。身体と心に注意して乗り越えたい心からそう思います」と千秋楽までの意気込みを明かしていた。

最終更新:7/15(土) 7:47
スポーツ報知