ここから本文です

FMW保坂秀樹改めミスター・ポーゴ2世が激勝!「ポーゴさんの無念を晴らす」

7/15(土) 22:27配信

デイリースポーツ

 「超戦闘プロレスFMW」(15日、東京・新木場1stRING)

 6月23日に急死したミスター・ポーゴさんの追悼試合が「ポーゴゆかりのノーロープ有刺鉄線バンクハウス6人デスマッチ」で行われ、保坂秀樹改めミスター・ポーゴ2世が勝利した。

 保坂は2世を襲名して初の試合。グレート・ポーゴ、怨霊と組み、大仁田厚、雷神矢口、リッキー・フジと激突。試合前には昨年に引退した金村キンタローさんがポーゴさんの遺影を手に現れてメッセージを送り、10カウントゴングが打ち鳴らされる中、出場選手らと黙祷をささげた。

 顔にペイント、迷彩模様のコスチュームと、ポーゴさんのいでたちで現れた2世はポーゴさんの意志を受け継いだことで師匠の大仁田と対峙することになったが、気後れすることなく有刺鉄線に額を押しつけ合い、さらに毒霧を噴射するなど、激闘を展開。さらに、ポーゴさんが得意とした火炎噴射まで試みようとしたものの、大仁田に有刺鉄線バットで迎撃されて不発に終わる。それでも、最後は自らフジをチェーンでの絞首刑でKOした。

 試合後、大仁田から「ポーゴさんの意志を受け継ぐなら、徹底的にやれ!」とエールを送られた2世。インタビューでは「ミスター・ポーゴになれないのは分かっている。でも、ミスター・ポーゴの無念を誰が晴らせばいいんだ。もう一度リングに上がりたい、大仁田さんと戦いたいと願っていたポーゴさん。おそらく自分が亡くなったことも分かっていないでしょう。ボクはその意志を継いでいきたい。ボクの体を使って、ポーゴさんが存分に暴れてくれたら、という気持ちです」と、2世を襲名した思いを説明した。

 ポーゴさんは大仁田との電流爆破戦を望んでいたとのことで、2世も「最後に可能であれば。大仁田厚と電流爆破をいつでもやる覚悟はできています」と熱望。「さらに、大仁田厚引退ツアーまでできるのであれば、そこまでやっていきます。天国にいるポーゴさんに認めてもらうまでは、いや、認めさせなければいけないです」と、少なくとも大仁田が引退する10月まではすべての試合を2世として戦うことを決意した。