ここから本文です

【福島】昨夏準優勝の光南が4回戦へ 打線がつながりコールド勝ち

7/15(土) 14:00配信

スポニチアネックス

 ◇第99回全国高校野球選手権福島大会3回戦 光南9―1磐城農(2017年7月15日 白河グリーン)

 昨年準優勝の光南が、9―1の7回コールドで磐城農に勝ち、4回戦に駒を進めた。

 2回に金沢翔太の適時打などで3点を先制すると、4回は2死走者なしから5点を奪うなど、打線がつながりを見せた。一方、投手陣は3人による継投。先発の小椋瑠偉は連打で1点を失ったが、4回から登板したエース・石井諒は3イニングを、7回から登板の大竹風雅は1イニングを、それぞれパーフェクトに抑えた。昨夏も背番号1を背負った石井諒は「昨日(14日)の投球練習も良かった。きょうはほとんど直球で、きっちりコーナーに投げ分けられた」と振り返った。