ここから本文です

37歳のV・ウィリアムズ、最年長Vならず 23歳のムグルサが初V

7/15(土) 23:33配信

デイリースポーツ

 「テニス・ウィンブルドン」(15日、ロンドン)

 女子シングルス決勝が行われ、第14シードのガルビネ・ムグルサ(23)=スペイン=が、第10シードのビーナス・ウィリアムズ(37)=米国=を7-5、6-0で破り、初優勝を果たした。優勝賞金220万ポンド(約3億2400万円)を手にした。

 両者サービスキープで迎えた第11ゲーム、ムグルサはウィリアムズのサービスをブレークすると、そのまま押し切って第1セットを奪った。

 これで波に乗ったムグルサは第2セットの第1ゲームでいきなりウィリアムズのサービスを破ると、6ゲームを連取して、一気に頂点に登り詰めた。

 2年前の決勝で、ビーナスの妹・セリーナに敗れて悔し涙を流したコートで、今度は歓喜を迎えたムグルサ。「彼女のプレーを見て育ちましたから、彼女とプレーできたことをうれしく思います…、すいません」と言ってスタンドを笑わせると、「1番大変な試合だったけど、チームワークのおかげです」と周囲のサポートに感謝していた。

 一方、9年ぶり6度目の優勝を目指した37歳のV・ウィリアムズは勝てば最年長Vとなったが、あと一歩及ばなかった。