ここから本文です

【東東京】初戦44得点の東海大高輪台 2点差の接戦を制す

7/15(土) 18:11配信

スポニチアネックス

 ◇第99回全国高校野球選手権東東京大会3回戦 東海大高輪台6―4都王子総合(2017年7月15日 神宮第2)

 初戦の2回戦で都国際に44―0で勝った東海大高輪台が、都王子総合との接戦を6―4で制した。宮嶌孝一監督は「大量得点の初戦と比べても、悪くなかった。1点差でもいいから勝てるように」とホッとした表情で話した。

 初回に2点を先制され、その裏に1点を返したものの、2回に1失点。すぐに2点取って追いつく展開となった。6回に勝ち越し、8回にも2点を加えたが、9回に本塁打を打たれるなど、都王子総合の粘りにもあった。宮嶌監督は「4~6月は5、6勝しかしてないので、そのなかではよかった」と逃げ切った試合を評価。6回からリリーフし、2安打1失点ながら4四球だった宮路悠良投手は「無駄に多く投げてしまった。変化球がもっと入ればストレートも生きるので、修正していきたい」と反省した。

スポーツナビ 野球情報