ここから本文です

【函館新馬戦】サンダベンポート、好スタートから逃げ切りV

7/15(土) 13:12配信

スポーツ報知

 15日の函館5R・2歳新馬戦(芝1200メートル=7頭立て)は、5番人気のストロングリターン産駒のサンダベンポート(牝、美浦・中野栄治厩舎)が、一気の逃げ切りを決めて初勝利を飾った。勝ち時計は1分12秒1。

 外枠から絶好の好スタートを決めて、主導権を握ると前半600メートル36秒9のスローペースに落とし込んだ。最後の直線でも懸命に粘り、2着ダンツコンフォートの猛追を鼻差しのいだ。

 発馬センスの良さが光る快勝に、中井騎手は「オーナーの方から(デビューを)1週延ばそうという進言が、相当大きかったと思う。このタイミングで使うことで、僕とスタッフも仕上げられた。スタートセンスは抜群なので、もう少し我慢することを覚えていけば、もっと良くなる。いいスピードを持っている」と、してやったりの表情だった。

最終更新:7/15(土) 13:22
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ