ここから本文です

【西東京】都芦花が3点差を最終回に大逆転 4回戦で早実と対戦

7/15(土) 19:16配信

スポニチアネックス

 ◇第99回全国高校野球選手権西東京大会3回戦 都芦花12―11帝京八王子(2017年7月15日 ダイワ八王子)

 都芦花が、最終回に4点を奪って12―11で帝京八王子にサヨナラ勝ちした。4回戦で早実と対戦する。3点差で迎えた9回裏に2連打と犠飛で1点を返し、2死満塁で2番・榊悠勝主将が右中間に走者一掃のサヨナラ3点二塁打を打って乱戦を決着させた。

 設楽幸愛監督は「すごかった。よく打って、よく守った。奇跡を起こせた」と興奮気味だった。殊勲の榊主将も「絶対に打てると思って打席に入った」と喜んだ。

 次戦はこの日、同じダイワ八王子の第1試合でコールド勝ちした早実が相手となる。榊は「点が取れないと勝てないので、先手を取って投手と守備で粘りたい」。この日は先発して7回10失点だった岸田投手は「(早実戦は)バックを信じて、頼って投げたい。清宮からストレートで空振りを取りたい」と話した。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 15:10