ここから本文です

ムグルサ、ウィンブルドン初優勝 ビーナスは4大大会最年長∨ならず

7/15(土) 23:29配信

スポニチアネックス

 ◇テニス ウィンブルドン選手権第12日(2017年7月15日 英ロンドン・オールイングランド・クラブ)

 女子シングルス決勝が行われ、第10シードのビーナス・ウィリアムズ(37=米国)と第14シードのガルビネ・ムグルサ(23=スペイン)が対戦。ムグルサが7―5、6―0で勝ち、初優勝を飾った。ビーナスは9年ぶり、4大大会最年長制覇(68年オープン化以降)はならなかった。

 両者はここまでビーナスの3勝1敗、芝では初対決となった。ビーナスのサーブから始まった第1セットは、ともにキープを続けたが第11ゲームをムグルサがブレーク、次ゲームもキープして先取した。

 第2セットはムグルサが第1ゲームをブレークして優位に立ち、第3、5ゲームもブレークすると、失ゲーム0で圧倒した。ムグルサは2年ぶり2度目の決勝で初の頂点を極めた。