ここから本文です

尼神インター・渚、誠子とのコンビ結成の理由は「ダントツに輝いてブスだった」

7/15(土) 17:00配信

スポーツ報知

 お笑いコンビ「尼神インター」の誠子(28)と渚(32)が15日放送の日本テレビ系「メレンゲの気持ち」(土曜・正午)にゲスト出演、コンビ結成の秘話について語った。

 ともに吉本興業のタレント養成学校「NSC」出身。渚は高校卒業後に大工を経験しているが「(高校時代に)究極に(将来を)考えたら芸人しかないと思った。養成所に入るための入学金を貯めるために5年大工をやりました」と説明した。一方の誠子は、美形の双子の妹がおり「俳優さんと結婚して見返してやりたい」ときっかけを語った。

 NSCには600人の生徒がおり、当初は別々に活動していたが、渚が誠子を誘ってコンビを結成した。「ダントツに輝いてブスだったのでコンビを組めば売れると思った」と渚は理由を語った。当時、誠子は中国人とコンビを組んでいた。「(コンビ解散を告げたら)中国人も『ちょうどビザが切れたから』と言って…」と円満解散で、「尼神インター」の結成に支障がなかったと明かした。

最終更新:7/15(土) 17:00
スポーツ報知